ビーマーライトペンとは

ビーマーライトペンは、1996年に誕生しました。
オーラソーマ社の代表のマイク・ブース氏によって
開発されましたが、当初彼は どのように使えばいいか
わからないため、世界オーラソーマティチャー数名に
このビーマーライトペンを送ったのです。

その一人である ガーラドリエル・フラミ二 先生と
ビーマーライトペンの研究を依頼された 
ロバート先生によって 蓄積されたデータから
トレーニングプログラムを作成できるまでなり
現在のビーマーライトペンがあります。

ビーマーライトペンは、ランプ部分に電池を入れ、
オーラソーマのボトルと同じ バイアルをこの先に
差し込んで 目的の部分に 色の光を 照射します。

ビーマーライトペンが もたらしてくれるもの

私たち人間は、Hue‐Man (色の人)です。
色の光を使って チャクラのバランスを整えることは、
心やからだに元気を取り戻すことができます。

ビーマライトペンは、だだ光を照射するだけではなく、
ペンの動かし方で 目的にあった作用を導きだすことが
できるのです。

意識の扉を開き、あなた自身を自分らしくもっと自由に
生きるお手伝いをしてくれるのが、
ビーマライトペンです。







0 件のコメント:

コメントを投稿